「1頁」とは?

翻訳を注文したことのないお客さんの間に「1頁(1枚)」の内容についてかなりの誤解があります。原稿の分量はと訊いたら、用紙の枚数でお答えになるのが 普通。しかし、ワープ打ちなどには相当の違いがありますから、翻訳業界では、「1頁」を特定の単語数あるいは字数として定義します。原稿の枚数を計算する には、原稿の総単語(文字)数を、業者が決めた数で割ります。業者によってこの数が違いますので、お客さんが必ず業者に訊いてお確かめになった方がいいで しょう。私の場合、「1頁」は400字ですから、例えば和文原稿の総字数が10,000字なら、訳文は25頁(枚)となりま す。こうすれば、最初から料金がわかり、後で予期しない金額の請求書が届くことはありません。